ほのぼの

『神様になった日』ネタバレ感想|号泣!第5話「大魔法の日」動き出した伊座並家の時間

アニメ『神様になった日』第5話「大魔法の日」

その魔法にかかって私たちは幸せにならなくちゃ

麻枝准×Keyアニメ『神様になった日』第5話「大魔法の日」感想です。普通に良いお話でした。ラストの展開に号泣・・・。

ほのか。
ほのか。
素敵な大魔法だったよ。

『神様になった日』はギャグパートが多く、正直、どうかな・・・と思っていました。でも、このストーリーは良かったです。

この記事では

アニメ『神様になった日』第5話「大魔法の日」評価とあらすじ、ネタバレ感想、みどころの解説を書いています。

『神様になった日』第5話「大魔法の日」評価・あらすじ

アニメ『神様になった日』

神様になった日
©VISUAL ARTS / Key / 「神様になった日」Project
ストーリー
作画
キャラ
かんどう
おすすめ

あらすじ

伊座並杏子は、幼い頃に母親を亡くしていた。母の命日が近づき、父を墓参りへ誘うが、仕事を理由に毎年断られてしまっていた。そんな伊座並家を心配したひなは、陽太と伊座並家に向かい、何とかして伊座並の父を外出させようと画策する。

作品情報

  • 原作 : 麻枝准
  • ジャンル : ファンタジー
  • 放送期間 : 2020年

登場人物

  • ひな・・・修道服を着た少女。自らを“全知の神”と名乗る
  • 成神陽太(なるかみようた)・・・主人公で高校3年生。幼馴染みの伊座並杏子に片想い中
  • 成神空(なるかみそら)・・・陽太の妹。人思いの優しい性格
  • 伊座並杏子(いざなみきょうこ)・・・陽太の幼馴染み

『神様になった日』第5話「大魔法の日」ネタバレ感想|時間が止まった伊座並家

神様ひな
©VISUAL ARTS / Key / 「神様になった日」Project

『神様になった日』第5話「大魔法の日」は、伊座並さんと彼女の家族を中心としたストーリーです。

伊座並さんって可愛いけど、何をかんがえているのかよくわからない子・・・というイメージでした。

ぱんだ。
ぱんだ。
第5話を見ると彼女のことが理解できるんだ。

伊座並さんの悩み

伊座並さんと父
©VISUAL ARTS / Key / 「神様になった日」Project

伊座並さんは、家庭に悩みを持っていました。

彼女のお母さんがいなくなって10年以上。その間、翻訳家のお父さんは、ほとんど外にでていないこと。

ほのか。
ほのか。
彼女は、お父さんを見てるのが辛かったんだね。

ちょっとシリアス展開?

・・・と、身を乗り出した私ですが、彼女を好きな陽太のおかげで、やはりギャグ展開になりました(笑)

伊座並さんが図書館にいるのは、自分と会うためではなかったと落ち込む陽太が面白い。

ぱんだ。
ぱんだ。
残念だったね。人生はそんなに甘くないんだよ。

ひなは伊座並さんの悩みを解決するために、ある計画を立てます。

伊座並の父上を表に連れ出してやるのじゃ

ひなの計画は これまでも無茶苦茶だったけど、なぜか成功しちゃうんですよね。・・・さすが神様です。

グルメなお父さんとビデオメッセージ

陽太とひな
©VISUAL ARTS / Key / 「神様になった日」Project

娘の誕生日プレゼントを一緒に選んでと、彼を誘い出すことに成功した陽太とひな。久しぶりに外を歩いたお父さんは・・・

この食べ物はなんだ?

白いカレー屋さんの前で立ち止まりました。カレーが白いのが珍しかったんですね。ここからまたギャグ展開。

白いカレーの他にも、チーズタッカルビ、溶けたラクレットチーズ・・・などを食べ歩きます。

ほのか。
ほのか。
お父さん、意外とグルメ。

久しぶりに外に出たお父さんは、楽しそうでした。伊座並さんの誕生日プレゼントは、どっかいっちゃってたけど(笑)

でも心の中に悲しみを背負っているんです。

俺は、何でひとりでこんなところで飲んでいるんだ。あいつの元に帰らなくちゃ

彼は家に籠もって、妻が遺したビデオメッセージを何回も繰り返しみていました。なぜか、娘には内緒で・・・。

ぱんだ。
ぱんだ。
ビデオメッセージに秘密がありそうだね。

冥界からの電話|ひなと陽太の大作戦

冥界からの電話を受ける伊座並さん
©VISUAL ARTS / Key / 「神様になった日」Project

ビデオメッセージの存在を知った陽太とひな。今度は伊座並さんに立ち直ってもらおうと、また無茶苦茶なことをはじめます。

伊座並さん、突然なんだけどさ、もし生前のお母さんと話せるとしたら、話してみたい?

冥界に繋がる電話を発明したと、うそぶく陽太。もちろん、これも神様ひなの計画だけど、案外的外れではないのかも・・・。

ほのか。
ほのか。
もしも自分にとって大切な人がいなくなったら、残された人は死者の思いを聞きたいと願うよね。

電話口から聞こえたのは、まさに亡くなったお母さんの声でした。ひなが彼女のお母さんの声と口調を真似て話していたのです。

辻村深月さんの小説『ツナグ』や、東野圭吾さんの小説『クスノキの番人』を連想しました。

ぱんだ。
ぱんだ。
死者の思いを聞くことで、開ける未来もあるんだよね。

冥界からの電話は現実にはムリだけど、遺書などで自分の気持ちを伝えることも大切だと思ったり・・・。

残された夫と娘を思い、彼らが幸せに生きていけるように、ビデオメッセージを遺していた母が素敵です。

ラストに号泣|お母さんの大魔法と、動き出した時間

伊座並さん
©VISUAL ARTS / Key / 「神様になった日」Project

伊座並さんとお父さんが、一緒にビデオメッセージを見るシーンは号泣でした。

そこには、優しく娘に問いかける母の姿が映っていました。家族を幸せにする大魔法を発明したと言うお母さんは語りかけます。

ビデオメッセージを最後までみたら、これを処分して、私のことを忘れて・・・と。

ほのか。
ほのか。
だからお父さんは、最後まで見るのをためらっていたんだね。

泣き出した父を見て、自分が一番辛いと思っていたけど違ったということに気づいた伊座並さん。

お父さんが一番辛かったんだね。だから、お母さんの魔法にかからなくちゃ。その魔法にかかって私たちは幸せにならなくちゃ

自分が辛いときや、気持ちに余裕がない時って、身近な相手を思いやることにも気づけなかったりしますね。

ぱんだ。
ぱんだ。
それを2人に示したお母さんはすごいや。

母が亡くなってから、ずっと止まっていた伊座並家の時間が動き出した瞬間、涙があふれました。

母の愛情がつまった「大魔法の日」は素敵なストーリーです。

『神様になった日』第5話「大魔法の日」みどころ・おすすめポイント

神様になった日
©VISUAL ARTS / Key / 「神様になった日」Project
みどころ・ポイント
  • 母の大魔法
  • ひなと陽太の大作戦

『神様になった日』第5話「大魔法の日」みどころは、やはりラスト、母のビデオメッセージです。

ほのか。
ほのか。
母の気持ちが温かくて、泣いちゃった。

伊座並さんのために、奮闘する陽太とひなの作戦にも注目。ギャグ満載だけど、良いストーリーでした。

おすすめの人
  • ギャグアニメ好き
  • ほのぼのストーリーがみたい

『神様になった日』第5話まで視聴しましたが、ギャグ満載なアニメという雰囲気。ほのぼのと心が温まりました。

麻枝准×Keyアニメだから、もうそろそろシリアス展開になるかなと期待しています。・・・あと1、2話で折り返し地点ですからね。

見始めたら止まらない名作アニメ
見始めたら止まらない【名作アニメ】超絶面白いおすすめファンタジー・SFを厳選見始めたら止まらない名作アニメを厳選しました。ファンタジーとSFが多めです。面白さは抜群の神アニメ。...
「神様になった日」第1話
『神様になった日』ネタバレ感想|#1「降臨の日」野球と、ひなの予見アニメ『神様になった日』#1「降臨の日」評価とあらすじ、ネタバレ感想、みどころの解説を書いています。...
ABOUT ME
ほのか。
アニメと小説とコーヒーをこよなく愛しています。休日はゆるりとアニメづけ。