バトルアクション

『アルスラーン戦記』ネタバレ感想|アニメの魅力・原作との違いを解説

アニメ「アルスラーン戦記」魅力と原作との違い

ヤシャシーン!

アニメ『アルスラーン戦記』感想です。原作は荒川弘さんの漫画、田中芳樹さんの小説。小説も読みましたが アニメも面白い。

ほのか。
ほのか。
ヤシャシーン (全軍突撃)!

・・・と、叫びたくなりますね。アニメは小説にはないシーンもあったりして、二重に楽しめました。

この記事では

アニメ『アルスラーン戦記』評価とあらすじ、ネタバレ感想、魅力の解説、原作小説との違いを書いています。

『アルスラーン戦記』評価・あらすじ

アニメ『アルスラーン戦記』

アルスラーン戦記
©2015 荒川弘・田中芳樹・講談社/「アルスラーン戦記」製作委員会・MBS
ストーリー
作画
キャラ
かんどう
おすすめ

あらすじ

王都エクバターナの王太子として生まれた少年・アルスラーンは、幸福のうちに国を引き継ぐはずだった。土煙が舞う平原に、パルスの騎馬隊が葬り去られるその日までは・・・。

作品情報

  • 原作 : 荒川弘の漫画・田中芳樹の小説
  • ジャンル : ファンタジー
  • 放送期間 : 2015年
  • 話数 (1期) : 全25話

主な登場人物

  • アルスラーン・・・パルス国王の息子で王太子
  • アンドラゴラス三世・・・パルス国王
  • タハミーネ・・・パルス国王の妃
  • ダリューン・・・アルスラーンに仕える万騎長
  • ナルサス・・・ダリューンの友人、未来の宮廷画家
  • エラム・・・ナルサスの従者
  • ファランギース・・・女神官
  • ギーヴ・・・自称「旅の楽士」

アニメ『アルスラーン戦記』ネタバレ感想|魅力を解説


©2015 荒川弘・田中芳樹・講談社/「アルスラーン戦記」製作委員会・MBS

アニメ『アルスラーン戦記』の魅力は 3つあります。

ここが面白い!
  • ダリューンの無敵な闘いシーン
  • 脅威の智恵をめぐらすナルサスの戦略
  • アルスラーンの成長
ほのか。
ほのか。
ダリューンとナルサスがめちゃめちゃカッコイイ。そしてアルスラーンの成長が眩しかった。

万騎長ダリューン VS カーラーン|闘いシーンがカッコイイ


©2015 荒川弘・田中芳樹・講談社/「アルスラーン戦記」製作委員会・MBS

万騎長 (マルズバーン) のダリューンがかっこいい。『アルスラーン戦記』では重要人物の1人。アニメでも 凄まじい闘いが幾度となく描かれていました。

アトロパテネの会戦

ダリューン VS カーラーン

パルス軍を裏切り、ルシタニア軍についた万騎長カーラーン。王太子アルスラーンに襲いかかるところを、ダリューンが助けます。

今お助け致します、殿下

ほのか。
ほのか。
このシーンが好き。

カーラーンはカーラーンでカッコイイけど、ダリューンがめちゃめちゃ強い。ここでは決着がつかずに、ダリューンとカーラーンは後日、再戦となります。

ぱんだ。
ぱんだ。
ダリューンの活躍は 他にも神前決闘など、たくさん みどころシーンがあるよ。

ダリューン、最強。

心からアルスラーンを慕い、活躍する姿は胸が熱くなります。

未来の宮廷画家との出会い|ナルサスの戦略が爽快


©2015 荒川弘・田中芳樹・講談社/「アルスラーン戦記」製作委員会・MBS

『アルスラーン戦記』第4話では、もう1人の重要人物・ナルサスが登場します。未来の宮廷画家で軍師を担い、アルスラーンを解放王へ導いた人物。

私がルシタニアを追い払い、パルスの国王になった暁には、ナルサス卿、お主を宮廷画家として迎えよう

何よりも芸術を愛していることを知ったアルスラーンのひと言に、ナルサスはほだされました。

ほのか。
ほのか。
浮世と関わりを拒否していたナルサスが心変わりしたのは、アルスラーンの人柄ゆえだよね。

ダリューンの叔父・ヴァフリーズのために泣いたアルスラーンの優しさにもふれ、この方なら・・・と思ったのかな。

ナルサスの描いた絵を見て、目がまんまるになったアルスラーンは面白かったです。

ぱんだ。
ぱんだ。
絵はともかくとして、ナルサスがめぐらす策略がすごいんだ。

敵軍が策略にハマり、ナルサスの手の上で踊らされていくサマは爽快。見ていてあきません。

『アルスラーン戦記』の面白さは一重に、ダリューンの無敵ぶりと、ナルサスの智恵にあると言っても良いくらいです。

王太子アルスラーン 出生の秘密と人柄


©2015 荒川弘・田中芳樹・講談社/「アルスラーン戦記」製作委員会・MBS

『アルスラーン戦記』は 王太子アルスラーンの出生の秘密も、物語に大きく関わってきます。

パルス国王アンドラゴラス三世と、王妃タハミーネの子ども・・・であるはずが、そうではないらしい。

ダリューン、私はいったい何者なんだろう

15話の最後に描かれているアルスラーンとダリューンのシーンは泣けました。彼はわずか14歳の少年です。

ぱんだ。
ぱんだ。
アルスラーンが背負うものは あまりにも大きいね。
ほのか。
ほのか。
ダリューンがアルスラーンにかける言葉が優しくて泣いたよ。

アルスラーンは 王族らしからぬ王太子でした。従者のエラムを自ら助け、友だちのように接したり・・・。

ギーヴの言葉が印象に残っています。

あなたが王になったとき、どのような国ができるのか楽しみです

今までの王族とは違う雰囲気を持つ少年に期待する気持ちは、ダリューンもナルサスも同じなのでしょうね。

だからみんな彼に仕えている。アルスラーンの出自など 仲間にとってはどうでも良いんです。

アルスラーンが成長していく姿は、アニメでも眩しいものがありました。

アニメ『アルスラーン戦記』好きなシーン


©2015 荒川弘・田中芳樹・講談社/「アルスラーン戦記」製作委員会・MBS

『アルスラーン戦記』アニメで好きなシーンが3つあります。

  • シンドゥラ軍 (ラジェンドラ) を嵌める策略
  • エトワールとアルスラーン
  • ダリューンとヒルメスの一騎打ち
ほのか。
ほのか。
小説も読んだけど、アニメはまた違った面白さがある。

特に 小説にはなかったエトワールとアルスラーンのシーンと、ダリューンとヒルメスの一騎打ちが良かったです。

ナルサス VS ラジェンドラ


©2015 荒川弘・田中芳樹・講談社/「アルスラーン戦記」製作委員会・MBS

まずは小説でも描かれていたシンドゥラ軍を策略に嵌めるシーン。ナルサスの智恵ぶりが発揮されました。

5万のシンドゥラ軍に対し、パルス軍はわずか1万の兵。

ぱんだ。
ぱんだ。
これもナルサスの策略なんだ。

シンドゥラ軍のラジェンドラ王子は 「闘いのときに注意すべき3つの理」 を軽んじていました。天のとき、地の理、人の和です。

  • 南国育ちのシンドゥラ兵は、真冬の雪山でどこまで闘えるのか (天のとき)
  • パルスはシンドゥラ兵にとっては未知の地 (地の理)
  • シンドゥラ王子2人が不仲 (人の和)

シンドゥラ国2人の王子が争っているのを知っていたナルサスは、ラジェンドラの兄・ガーデーヴィの兵が攻めてきたと思わせる。

さぁ、五万と一万の戦力差、今ひっくり返してみせよう!

凍った湖の上にシンドゥラ軍をおびき出し、氷が砕けるとともにラジェンドラを捕虜に・・・。無理やり同盟を結びます。

ほのか。
ほのか。
さすがナルサス。ラジェンドラが罠にハマって爽快だった。

エトワールとアルスラーンの決意


©2015 荒川弘・田中芳樹・講談社/「アルスラーン戦記」製作委員会・MBS

小説には描かれていなかったエトワールとアルスラーンのエピソードが好きです。

女の子でパルス兵のエトワール (エステル)。第20話で、アルスラーンとエトワールが再び出会いました。

ぱんだ。
ぱんだ。
この時点では、2人ともお互いの正体は気づいてないんだけど。

アルスラーンが奴隷を解放すると掲げたのは、エトワールとの出会いも影響を受けていたんですね。

彼女の言葉がアルスラーンの気持ちを決定的なものにしました。

国と民のためを考えての行動に出自など関係ない

このとき アルスラーンの中に燻っていたのは自分の出生の秘密と、正統の王家の血を引くヒルメスです。

ほのか。
ほのか。
ナルサスやギーヴは、アルスラーンがヒルメスに王位を譲らないか心配してた。

でもエトワールの言葉を聞いてアルスラーンは決意します。エクバターナを取り戻して、自分が王になることを。

仲間の前で宣言したアルスラーンが大きく見えました。決意を胸に秘めている人は強いですね。

ダリューンとヒルメスの一騎打ち|聖マヌエル城陥落


©2015 荒川弘・田中芳樹・講談社/「アルスラーン戦記」製作委員会・MBS

最後は 聖マヌエル城でのダリューンとヒルメスの一騎打ち。こちらも小説にはないシーンです。

ぱんだ。
ぱんだ。
小説では、聖マヌエル城を攻めるとき ヒルメスはそこにいなかったからね。

このときのダリューンがまたカッコイイ。

殿下を愚弄することは許さん!

そう叫びながらヒルメスに斬りかかります。でもヒルメスもめちゃめちゃ強くて、討ち取ることはできませんでした。

逆にやられそうになってしまいますが、かっこいい。

ほのか。
ほのか。
ヒルメスも好きだから テンション上がっちゃった。

『アルスラーン戦記』原作小説とアニメの違い

『アルスラーン戦記』原作は田中芳樹さんの小説ですが、アニメは荒川弘さんの漫画を元に作られています。

小説『アルスラーン戦記』

小説とアニメの違い
  • エトワールとの出会い
  • バフマン老の最後
  • 聖マヌエル城陥落
  • 宝剣ルクナバードの行方

バフマン老は アニメではヒルメス、小説ではラジェンドラに殺されます。結局 死んじゃうんですが・・・。

宝剣ルクナバードも アニメではボダンに奪われたりする。(小説では奪われない)

ぱんだ。
ぱんだ。
小説とアニメは全くの別物として見るのが良いかもね。

小説にはないエトワールのシーンと、聖マヌエル城のダリューンとヒルメスの一騎打ちは見ものでした。

ほのか。
ほのか。
小説とは違うけどアニメも良かったよ。

『アルスラーン戦記』みどころ・おすすめポイント

アルスラーン戦記
©2015 荒川弘・田中芳樹・講談社/「アルスラーン戦記」製作委員会・MBS
みどころ・ポイント
  • ダリューンの無敵ぶり
  • ナルサスの策略
  • アルスラーンの成長

1番のみどころは 戦うシーンと策略をめぐらすシーンですが、それ以外にも魅力が満載です。

ファランギース、ギーヴ、エラム、アルフリード、キシュワード、クバード・・・。

ほのか。
ほのか。
登場人物がみんな素敵なんだ。
こんな人におすすめ
  • 戦うアニメが好き
  • スカッとしたい
  • 原作を読んだ

策略をめぐらす → 闘う → 敵が策略にハマる → スカッと爽快。

こんな感じで楽しめます。アニメだけでなく、原作も読むとより深く理解出来るので、両方おすすめ。

2020年6月現在、アニメは2期 (王都奪還の手前) まで描かれています。

小説『アルスラーン戦記』

ぱんだ。
ぱんだ。
小説は全16巻。アニメは小説の6巻くらいまでだよ。
見始めたら止まらない名作アニメ
見始めたら止まらない【名作アニメ】超絶面白いおすすめファンタジー・SFを厳選見始めたら止まらない名作アニメを厳選しました。ファンタジーとSFが多めです。面白さは抜群の神アニメ。...
アニメも小説も面白かったものを厳選
おすすめアニメ&小説|原作も面白かったものを厳選アニメと小説、どちらも面白かった作品のみ厳選して紹介しています。実際に見て読んだものです。...
ABOUT ME
ほのか。
アニメと小説とコーヒーをこよなく愛しています。休日はゆるりとアニメづけ。