おすすめアニメ

おすすめアニメ&小説|原作も面白かったものを厳選

アニメも小説も面白かったものを厳選

絶品アニメ&小説

アニメと原作小説、どちらも面白かったものをピックアップしました。実際に見て読んだ作品です。

ほのか。
ほのか。
アニメと小説、どちらも楽しめるよ。
この記事では

アニメと小説、どちらも面白かった作品のみ厳選して紹介しています。

日常・ミステリーアニメ&小説

まずは日常・ミステリージャンルから面白かったものを集めました。

『氷菓』

古典部シリーズ

出演:中村悠一, 出演:佐藤聡美, 出演:阪口大助, 出演:茅野愛衣, 出演:雪野五月, 出演:置鮎龍太郎, 出演:ゆかな, 出演:小山茉美, 出演:早見沙織, 出演:悠木碧, 監督:武本康弘
あらすじ

高校1年生の省エネ少年・折木奉太郎は、ひょんなことから廃部寸前の「古典部」に入部することに。日常に潜む不思議な謎を次々と解き明かしていく。さわやかで、ちょっぴりほろ苦い青春ミステリ・アニメ。

「氷菓」は米澤穂信さん原作小説の古典部シリーズ。省エネ少年・折木奉太郎と、もう1人の主人公「わたし、気になります!」が口癖の可愛い女の子・千反田えるが、小さな謎を推理していくストーリーです。

ほのか。
ほのか。
1話ずつ完結しているので、ちょこちょこ見るのもおすすめ。

米澤さんは小さな謎を散りばめるのが上手い作家さん。小説もアニメも面白くてハマります。

【原作】米澤穂信の小説
【アニメ】全22話

『ジョーカー・ゲーム』

インテリジェンス・ミステリー

あらすじ

昭和12年秋、帝国陸軍の結城中佐によって、スパイ養成部門 “D機関” が設立された。そこに選ばれたのは、超人的な選抜試験をくぐり抜けた若者たちだ。彼らは、爆薬の扱い方、自動車や飛行機の操縦、スリや金庫破りの技に至るまで、スパイ活動に必要な技術を身につけ任地へと旅立っていく。

「ジョーカー・ゲーム」は、スパイ活動をする機関員のお話。スパイ養成部門“D機関”は、得体の知れない人たちの集まりだけど、彼らの覚悟がハンパない。最も不気味ですごかったのは結城中佐でした。

ほのか。
ほのか。
原作小説は連作短編集。アニメも面白かったけど、小説も絶品だよ。
【原作】柳広司の小説
【アニメ】全12話

『舟を編む』

ほのぼのアニメ

あらすじ

中型国語辞典『大渡海』の刊行計画が進む、出版社・玄武書房のベテラン編集者・荒木は、自身の定年を間近に控えて後継者を探しに躍起になっていた。そんな中、西岡から馬締の話を聞き、彼をスカウトすることに・・・。

「舟を編む」は、大渡海という辞書を作るストーリーです。一見地味なようだけど、これがまた面白い。言葉は膨大で果てしなくて、その膨大な言葉を、人をつなぐように編んでいくんですよね。

ほのか。
ほのか。
泣けるんだ。小説もアニメも。

私が知っている言葉はほんのひと握り。言葉は奥が深いと感じました。

【原作】三浦しをんの小説
【アニメ】全11話

ファンタジーアニメ&小説

続きましてファンタジーです。バトルもの、ほのぼのするもの・・・。ファンタジーは世界観が良いですね。

『アルスラーン戦記』

ヤシャシーン!

出演:小林裕介, 出演:細谷佳正, 出演:浪川大輔, 出演:花江夏樹, 出演:KENN, 出演:坂本真綾, 出演:梶裕貴, 監督:阿部記之
あらすじ

王都エクバターナの王太子として生まれた少年・アルスラーンは、幸福のうちに国を引き継ぐはずだった。土煙が舞う平原に、パルスの騎馬隊が葬り去られるその日までは・・・。

「アルスラーン戦記」は壮大な大河ファンタジー。アニメも小説も面白かったです。闘うシーンや、敵がみごとに策略にハマるシーンは爽快でした。わずか14歳の王太子が敗戦を経験し、立ち上がる姿に感動します。

ほのか。
ほのか。
登場人物がみんな素敵だったよ。

アニメと小説はストーリーが少し違っているけど、どちらもおすすめです。それぞれ素敵なシーンがありました。

【原作】田中芳樹の小説・荒川弘の漫画
【アニメ】第1期 全25話、第2期 全8話
アニメ「アルスラーン戦記」魅力と原作との違い
『アルスラーン戦記』ネタバレ感想|アニメの魅力・原作との違いを解説アニメ『アルスラーン戦記』評価とあらすじ、ネタバレ感想、魅力の解説、原作小説との違いを書いています。...

『ソードアート・オンライン』

これは遊びじゃない―

あらすじ

2022年。フルダイブ型VRMMORPGにログインしたキリトは、突然ログアウトできなくなる。他の1万人のプレイヤーと共にゲームの中に閉じ込められてしまったのだ。この世界から脱出するためにはゲームをクリアすること。だが、ゲームオーバーは現実世界での 「死」・・・。

「ソードアート・オンライン」略してSAOは、デスバトル×ファンタジーです。闘うシーンはカッコ良く、泣けるシーンも満載。ゲームの舞台である空中に浮かぶ城・アインクラッドが魅力的でした。

ほのか。
ほのか。
フルダイブ型VRMMORPGに憧れる。特にアインクラッドのような場所には・・・。

アニメは原作小説の世界観を壊すことなく描かれています。小説もアニメも面白かったです。

【原作】川原礫のライトノベル
【アニメ】第1期~第3期、劇場版あり
ソードアート・オンラインの魅力を徹底解説
『ソードアート・オンライン アインクラッド編』アニメあらすじ・みどころ|SAOの魅力を徹底解説!アニメ『ソードアート・オンライン アインクラッド編』評価とあらすじ、見どころ、魅力を解説しています。...

『キノの旅』

癒される旅アニメ

出演:悠木碧, 出演:斉藤壮馬, 出演:梅原裕一郎, 出演:松田健一郎, 出演:佐倉綾音, 出演:Lynn, 出演:興津和幸
あらすじ

キノと相棒のモトラド・エルメスは、旅を続けながら様々な国をめぐる。1つの国に滞在するのは3日間だけ。シュールで、ほのぼのと癒される旅アニメ。

『キノの旅』1番の面白さは、いくつもの国をめぐること。様々な国を訪れるキノとエルメスを見ていると、旅の楽しさを味わえます。訪れる国がまたシュールなんですけどね・・・。

ほのか。
ほのか。
印象的な国がいくつかあったよ。

キノとエルメスの会話には、ほっこりと癒されました。1話ずつ完結しているのでサクッと見れます。

【原作】時雨沢恵一のライトノベル
【アニメ】全12話
キノの旅の魅力とみどころを解説
『キノの旅 -the Beautiful World-』アニメの魅力を解説・ネタバレ感想アニメ『キノの旅』評価とあらすじ、魅力の解説、ネタバレ感想、みどころを書いています。...

『銀河鉄道の夜』

不思議な銀河の旅へ

出演:田中真弓, 出演:坂本千夏, 出演:堀絢子, 出演:大塚周夫, 出演:一城みゆ希, 出演:島村佳江, 出演:納谷悟朗, 出演:常田富士男, 出演:金田龍之介, 出演:渕崎ゆり子, 監督:杉井ギサブロー
あらすじ

星祭の夜、病気の母を持つ少年・ジョバンニは、丘の上に現れた不思議な汽車に乗り込んだ。銀河の旅が今始まる・・・。

宮沢賢治さんの「銀河鉄道の夜」は、有名な小説ですね。アニメ版がとても好きです。ジョバンニもカムパネルラも猫のアニメで幻想的な雰囲気。サソリの火、リンゴのシーンが特に好きです。

ほのか。
ほのか。
細野晴臣さんのサントラも世界観にマッチしてた。

サントラも素敵で、アニメでは宮沢賢治の「星めぐりの歌」オルゴールバージョンも流れます。

【原作】宮沢賢治の小説
【アニメ】劇場版アニメ

SFアニメ&小説

SFアニメから小説も絶品だったものをご紹介します。想像が広がる作品をピックアップしました。

『No.6』

ディストピアアニメ

あらすじ

全てを約束されたエリートとして生活していた紫苑。彼は12歳の誕生日、大雨の夜に偶然部屋に転がり込んできた少年・ネズミを助ける。次の日、少年は姿を消した。それから4年後、再びネズミと再開した紫苑は 理想都市 「NO.6」 を追われ・・・。

理想都市が描かれた「NO.6」は、ディストピアアニメです。天然で好奇心旺盛の主人公・紫苑と、鋭く美しいネズミが魅力的でした。彼らの信頼関係が良かったです。誰にも頼らず、人を信用せずに生きてきたネズミが、紫苑と出会ったことで変わっていくんですよね。

ほのか。
ほのか。
一見、BL(ボーイズラブ)のようにも見えるけど そういうのじゃないんだ。

原作小説の方がディストピア感は強かったです。アニメは良い感じに中和されていました。

【原作】あさのあつこの小説
【アニメ】全11話
NO.6
『NO.6』アニメのネタバレ感想・みどころ解説|紫苑とネズミの恋愛感情アニメ『NO.6』評価とあらすじ、見どころの解説、ネタバレ感想を書いています。紫苑とネズミに恋愛感情はあるのか。登場人物の魅力満載アニメでした。...

『新世界より』

呪力は悪魔の力か、それとも―

あらすじ

1000年後の日本。神栖66町にある小学校・和貴園に通っていた早季は、大人になるために「呪力」を手に入れなければならなかった。何も知らず育った子供たちに悪夢が襲いかかる・・・。

「新世界より」はSFホラーアニメ。原作はホラー小説で有名な貴志祐介さんです。小説も逸品で、アニメもまた素晴らしい。ドヴォルザークの交響曲第9番『新世界より』第2楽章。「家路」の曲を聞くとこのアニメを思い出します。

ほのか。
ほのか。
小説の世界観を崩すことなく描かれていて、アニメも好き。

小説を読んでアニメもみると、より楽しめます。両方おすすめ。

【原作】貴志祐介の小説
【アニメ】全25話。小説『新世界より』が全て描かれている
新世界より
『新世界より』ネタバレ感想・アニメのあらすじ|悪鬼と業魔・SFディストピアアニメ『新世界より』評価とあらすじ、感想 (ネタバレあり) 見どころの解説を書いています。悪鬼と業魔がいるディストピアでした。...

『イヴの時間』

心温まるアニメ

出演:佐藤利奈, 出演:福山潤, 出演:田中理恵, 出演:野島健児, 監督:吉浦康裕
あらすじ

未来、たぶん日本―。アンドロイドが実用化されて間もない時代。ロボット倫理委員会の影響で、人々はアンドロイドを家電として扱うことが日常となっていた。ある時、高校生のリクオは自家用アンドロイド・サミィの行動記録に不審な点があるのに気づく。

「イヴの時間」はアニメが原作で、その後、小説が出版されました。どちらもほっこりと癒されます。喫茶店「イヴの時間」の空気感が好き。人間もアンドロイドも関係なく、ゆるりと時を過ごすことができる場所です。

ほのか。
ほのか。
誰が人間で誰がアンドロイドかわからない感じが面白い。

小説ではオリジナルでリクオのピアノの話が追加されています。これがまた良かった。リクオの心情と、ピアノに対しての思いが細かく描写されていました。

【原作アニメ・監督】吉浦康裕
【小説】「イヴの時間 another act」
イヴの時間
『イヴの時間』劇場版ネタバレ感想|人間そっくりなアンドロイド!?切なくて心温まるSFアニメ劇場版アニメ『イヴの時間』評価とあらすじ、見どころの解説、感想 (ネタバレあり) を書いています。...

『虐殺器官』

虐殺器官とは?

出演:中村悠一, 出演:三上哲, 出演:梶裕貴, 出演:石川界人, 出演:大塚明夫, 出演:小林沙苗, 出演:櫻井孝宏, 監督:村瀬修功, 原著:伊藤計劃, 脚本:村瀬修功
あらすじ

9.11以降、テロとの戦いを経験した先進諸国は、徹底的なセキュリティ管理体制に移行することを選択し、一方で後進諸国では内戦や大規模虐殺が急激に増加していた。そんな中、暗殺を請け負う部隊に属するクラヴィス・シェパードは、謎のアメリカ人言語学者ジョン・ポールを追っており・・・。

「虐殺器官」原作は伊藤計劃さんのSF小説。明るい話ではないのだけど、小説が絶品なんですよね。アニメは小説の雰囲気を壊すことなく描かれていて良かったです。映像として見るのも◎。

ほのか。
ほのか。
伊藤計劃さんの新作はもう読めないけど、このアニメプロジェクトは素晴らしい。

アニメを見てまだ小説を読んでいなければ、読むことを強くおすすめします。絶品です。

【原作】伊藤計劃の小説
【アニメ】劇場版アニメ
「虐殺器官」アニメ魅力と感想
『虐殺器官』ネタバレ感想&アニメと原作小説の違い|クラヴィスの心情と結末を解説『虐殺器官』アニメ魅力とネタバレ感想です。ジョン・ポールが見つけた虐殺の文法と使い続ける理由、原作小説とアニメの違い、クラヴィスが求めていたものとルツィアに惹かれた理由、結末について書いています。...

『ハーモニー』

SFディストピア

あらすじ

近未来、健康志向は極限まで追求され、ほとんどの病気や健康リスクは未然に防がれるようになっていた。しかし 御冷ミァハは、そんな思いやりにあふれた優しすぎる世界を拒絶し、2人の少女とともに自殺を企てる・・・。

「虐殺器官」に続き「ハーモニー」も伊藤計劃さん原作です。世界観が繋がっているんですよね。「虐殺器官」の後の世界が「ハーモニー」です。こちらもアニメ化されて心が踊りました。

ほのか。
ほのか。
クォリティ高い。

ミァハ、トァンなど登場人物が魅力的で好きです。

【原作】伊藤計劃の小説
【アニメ】劇場版アニメ

アニメ&絵本

最後にアニメ&絵本。小説ではないですが、両方面白かったものを厳選しました。

『はれ ときどき ぶた』

バカバカしいけど面白い!

あらすじ

ぼくは畠山則安。3年3組。あだ名は十円やす。ぼくが毎日つけている日記を 母さんがこっそり見ているらしい。だから「あしたの日記」を書くことにした。うんと、めちゃくちゃなことを書いて、母さんをびっくりさせようと思ったんだ・・・。

「はれ ときどき ぶた」原作は矢玉四郎さんの児童文学(絵本)です。えんぴつの天ぷらと、消しゴムの大根おろしが強烈でインパクト大でした。極めつけは、空からブタが降る!?・・・です。実は全61話もあるんですね。・・・知らなかった。

ほのか。
ほのか。
このアニメの魅力は「バカバカしさ=面白さ」が成り立つこと。

1つ1つのエピソードにユーモアがあって大好きです。絵本もおすすめ。

【原作】矢玉四郎の児童文学
【アニメ】全61話

『つみきのいえ』

心に染みる12分のアニメーション

あらすじ

水没しかけている街に、おじいさんは1人で住んでいました。ある日、彼は物を下に落としてしまい・・・。

「つみきのいえ」は、2008年に発表された12分の短編アニメーションです。セリフがなくて映像とBGMだけで展開されるストーリー。それでも主人公・お爺さんの気持ちや人生が十分に伝わってきて泣けます。

ほのか。
ほのか。
切なくて号泣しちゃった。

絵本も読みました。ストーリーは一緒で、絵本の方は淡いタッチです。両方、素晴らしいのでおすすめ。

【アニメ・監督】加藤久仁生
【絵本】「つみきのいえ」

おすすめアニメ&小説まとめ

アニメも小説も面白かったイチオシ作品でした。

紹介したアニメ
  • 氷菓
  • ジョーカー・ゲーム
  • 舟を編む
  • アルスラーン戦記
  • ソードアート・オンライン
  • キノの旅
  • 銀河鉄道の夜
  • No.6
  • 新世界より
  • イヴの時間
  • 虐殺器官
  • ハーモニー
  • はれときどきぶた
  • つみきのいえ
ぱんだ。
ぱんだ。
見たい (読みたい) のあった?
見始めたら止まらない名作アニメ
見始めたら止まらない【名作アニメ】超絶面白いおすすめファンタジー・SFを厳選見始めたら止まらない名作アニメを厳選しました。ファンタジーとSFが多めです。面白さは抜群の神アニメ。...
1クール完結アニメ
1クール完結アニメおすすめ|休日、一気に見れる面白い名作アニメを厳選休日に一気に見れる1クールアニメをピックアップしました。面白かったほのぼのアニメ、シュールなSF、本格SF&バトルファンタジー、感動!学園アニメを紹介しています。...
一気にみたくなるほどハマった神アニメ
一気に見たくなるほどハマった神アニメ|2020年に視聴した感動作まとめ2020年に見て面白かったアニメを紹介。一気に見たくなるほどハマった神アニメです。田中芳樹さん原作作品、SF、バトル&冒険もの、劇場版アニメをピックアップしました。...

別館おすすめ記事

こちらは見た?