バトル・ダーク

『約束のネバーランド』ネタバレ感想&アニメの魅力を解説|イザベラVSエマ、脱獄計画

アニメ『約束のネバーランド』

逃げよう、みんなで一緒に。

アニメ『約束のネバーランド』第1期の感想です。ピリッと怖くて見たら止められなくなりますよね。面白すぎて繰り返し見ています。

ジャンルはファンタジーになるのかな。ダークでミステリー感があってテンポが良い。

ほのか。
ほのか。
第1話から衝撃だったよ。
この記事では

『約束のネバーランド』アニメ第1期の魅力を解説!評価とあらすじ、ネタバレ感想、みどころも書いています。

『約束のネバーランド』評価・あらすじ

『約束のネバーランド』

約束のネバーランド
©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会
ストーリー
作画
キャラ
かんどう
おすすめ

あらすじ

グレイス=フィールドハウスは親の居ない子供たちが住むところ。血の繋がりはなくても、ママと38人の兄弟はささやかながら幸せな日々を送っている。11歳のエマ、ノーマン、レイはハウスの年長者であり、毎朝のテストで満点をとる優秀さをほこる。ある夜、里親のもとへ旅立つコニーを見送った子供たちだが、忘れ物に気付いたエマとノーマンは近づくことが禁じられている門へ向かう。そこで2人は衝撃の真実を目撃する・・・。

作品情報

  • 著者 : 白井カイウ、出水ぽすか
  • ジャンル : ダークファンタジー
  • 放送期間 : 2019年
  • 話数 : 全12話(第1期)

登場人物

  • エマ・・・主人公で11歳の女の子。楽天的でお人好しな性格
  • ノーマン・・・11歳の男の子。テストは常にフルスコアで戦術派
  • レイ・・・11歳の男の子。現実主義的で、テストも度々フルスコアで博識な読書家
  • イザベラ・・・グレイス=フィールドのママ
  • クローネ・・・イザベラの補佐。パワフルで快活なハウスの人気者
  • ドン・・・明るく負けず嫌いなお調子者
  • ギルダ・・・内気ながら冷静な判断、鋭い分析力が光る才女

『約束のネバーランド』アニメの魅力|1話見たら止められない

笑うエマと家族たち
©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

アニメ『約束のネバーランド』魅力を3つあげると・・・、

  • 続きが気になって止められない面白さがある
  • 孤児院グレイス=フィールドハウスの真実が衝撃で、イザベラが怖い
  • スリル満点の脱出計画

1話ずつ衝撃の展開が続くので、一気に見たくなるほど面白いんです。

孤児院の真実やママの不気味さ、スリル満点の脱獄計画の中で繰り広げられる子どもたちの頭脳戦にドキドキしながらも、ほっこりしました。

ぱんだ。
ぱんだ。
エマ、ノーマン、レイ。3人のキャラも良かったよ。

続きが気になって止められない!衝撃の面白さ

エマとノーマンとレイ
©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

『約束のネバーランド』アニメは、1話1話、衝撃の展開が続きます。1話見たら続きが気になって止められない面白さがありました。

ほのか。
ほのか。
程よいミステリー感があるから、次の展開が気になるんだよね。

第1話〜2話は孤児院グレイス=フィールドハウスの秘密が明かされ、中盤からは「脱獄」を目的とした子どもたちの計画や訓練が主体に描かれています。

徐々に明かされていくハウスの真実とママ・イザベラに戦慄・・・。

ぱんだ。
ぱんだ。
中盤からのイザベラが怖かった。

グレイス=フィールドハウスは、ただの孤児院ではなかった

エマとノーマン
©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

第1話で、エマとノーマンはハウスの秘密を知ってしまいます。

あたしたちは、食料!?

グレイス=フィールドハウスは、ただの孤児院ではなかったのです。いわゆる「農園」、子どもたちは鬼が食べる食料として育てられていました。

里親が決まったという名目で「出荷」されていく子どもたち。

エマとノーマン、レイのようなフルスコア(脳が発達している子ども)は、「特上」と呼ばれて充分に脳が発達するまで生かされているというのにも戦慄しました。

ほのか。
ほのか。
鬼の食料は子どもの脳ということか・・・。

ただの孤児院ではなかったという展開は、カズオ・イシグロさんの小説『わたしを離さないで』を連想しますね。

『わたしを離さないで』は移植を目的としたクローンで、『約束のネバーランド』は鬼の食料・・・という違いはあるけど、どちらも子どもたちに感情移入します。

ぱんだ。
ぱんだ。
中で暮らす子どもたちにしたら、気が気でないよ。

エマ、ノーマン、そしてレイも加わって脱出計画を立てる。イザベラVS子どもたちの戦いが幕を開けました。

イザベラ&クローネVS子どもたち|スリル満点の脱獄計画

イザベラとエマ
©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

子どもたちの中の誰かが真実を知ったことに感づいたイザベラ。新たにシスター・クローネをハウスに引き入れて、脱出を阻止しようとします。

イザベラは表向きはハウスのママ、でも子どもたちの飼育監でもあるわけで・・・。表の優しい表情と裏の冷酷な表情が垣間見えて、背筋がヒヤリとしました。

ほのか。
ほのか。
イザベラ、怖いんだけど・・・。

エマは子どもたち全員で逃げようという思いが強くて優しいキャラ。ノーマンやレイもエマの考えを優先して、小さな子どもたちを鍛え始めます。

鬼ごっこをするクローネ
©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会
ぱんだ。
ぱんだ。
シスター・クローネと子どもたちの鬼ごっこが怖くも面白かったよ。

「鬼ごっこ」と称する逃げ方訓練。鬼ごっこって、体力、知力などが鍛えられて良いかも・・・。

『約束のネバーランド』ネタバレ感想|エマ、ノーマン、レイの魅力&好きなシーン

エマ、ノーマン、レイ
©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

『約束のネバーランド』は、エマを始めとした登場人物も魅力あふれています。「友達」であり「仲間」であり「同士」であり、そしてかけがえのない「家族」。

その中でも中心的なキャラは3人でした。

  • 運動神経抜群で楽天的なエマ
  • 頭が良くて冷静なノーマン
  • リアリストで頼りになるレイ
ほのか。
ほのか。
3人とも良いキャラなんだ。

ここからは、3人のキャラの魅力とともに、好きなシーンの感想を書いています。

リアリストなレイの決意|ひとりで戦っていた内通者

レイとノーマン
©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

第4、5話にかけてイザベラの内通者探しが描かれていました。ノーマンの罠にかかったのは・・・、

内通者は君だったんだね、レイ

エマやノーマンとともに脱獄計画を進めていたレイが、実はママの内通者だった。・・・またもや衝撃の展開にびっくりしながら、見るのを止められません。

ほのか。
ほのか。
リアリストでちょっぴり冷たい?・・・と思っていたけど、レイはずっとひとりで戦っていたんだ。

ずっと前からイザベラの手下だったレイは、協力することで報酬をもらっていました。

ハウスにないガラクタ。

それは発信器を無効化するためにレイが集めた道具だったのです。ハウスの正体に気づいたときから、ずっと準備してきたレイ。6年かけてひとりでコツコツと。

そして・・・、

誰にも気づかれないように、お前ら2人を門へ行かせて・・・。全部、お前ら2人を殺させないためだよ

ぱんだ。
ぱんだ。
彼は、エマとノーマンがハウスの真実を知るように仕向けたんだ。

ずっと誰にも言わずひとりでハウスの真実を抱えていたんだと思うと、胸が痛くなりました。・・・真実を知る仲間ができて良かったね。

リアリストなレイ

カメラを持つレイ
©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

「全員連れて行くフリをして土壇場で切り離せ」とノーマンに約束させるシーンは、ちょっぴり冷たさを感じたけど、1番現実を見ています。

エマとノーマンとレイ。

3人とも性格が違って衝突もするけど、お互いが持っていないものを持ち合わせていて、良い仲間なんですよね。

頭脳明晰なノーマンの決意|悲しき出荷に号泣

ノーマン
©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

3人の中でも1番好きなキャラは、いつも冷静なノーマンです。頭脳明晰、脱獄計画のリーダー的な存在でした。

好きだから。好きだから、エマには笑っていてほしいんだ

ほのか。
ほのか。
エマを好きなノーマンに、ほっこりしたよ。

このまま、エマとノーマンとレイの3人が中心となって脱獄を成功させて欲しいと願っていたけど、みごとに裏切られた第9〜10話。

ノーマンの出荷が決まりました。

エマとレイは、ノーマンだけ先に逃がそうとするけど彼は逃げなかった・・・。自分を犠牲にしてまでも、エマとレイを守ろうとしたのです。

エマとレイを抱きしめるノーマン
©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

今までありがとう。2人のおかげで良い人生だった。楽しかった。嬉しかった。幸せだった

あとは頼む、脱獄を必ず成功させて―

ぱんだ。
ぱんだ。
このシーン、ヤバい。・・・号泣した。

第10話で描かれているノーマンの回想、糸電話にも泣きました。

風邪で寝込んだノーマンを心配して、医務室に顔を出すエマ。小さな頃の彼らに癒やされます。

だってノーマン、病気のたびにひとりぼっちになっちゃうから、そんなの寂しいじゃない

ベッドの横からひょこっと飛び出すエマのアホ毛(?)が可愛かったです。エマのチャームポイント。このときほどカワイイと思ったことはないくらい、カワイイ。

エマはノーマンに糸電話を渡します。ドアを隔てて話すノーマンとエマとレイ。

ノーマンはその糸電話をずっと引き出しにしまっていたのですよね。3人が心から繋がる「家族」になるまでは、こんな風にたくさんの思い出があったんだろうな・・・。

楽天的なエマの決意|決行!脱獄計画

エマと脱獄する家族たち
©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

第11〜12話に描かれている脱獄シーンでの、エマの強い決意に胸が熱くなりました。

エマの決意
  • 4歳以下はハウスに残す
  • でも諦めたわけじゃない。2年以内に必ず戻って助ける

彼女は、ずっと家族全員で脱獄することを望んでいたのですよね。その件で、レイとは度々衝突していました。レイは現実主義者だから、そんなことはムリだと・・・。

楽天的な彼女だけど、ちゃんと考えて、他の「家族」たちとも話し合って決めたことです。

ほのか。
ほのか。
エマの決意に胸を打たれたよ。

脱獄計画は、ここにいないノーマンが立てたもので、みごとに成功。出荷される前に、塀に登って下見をしていたノーマン。

グレイス=フィールドハウスは、六角形のうちの一つに位置していて、周りは崖でした。本部と思われる場所に橋が一つ架かっているだけ・・・。

ノーマンが考えた計画は、塀に登り、橋を渡らずに崖を飛び越えて向こう側に渡るというもの。

イザベラや本部の鬼たちは橋を渡って逃げると思い込むから、意表をつけたのです。

ぱんだ。
ぱんだ。
この脱獄にはノーマンの意志も加わっていたんだね。

塀の上でレイの横に佇む、したり顔のノーマン。レイが作り出した幻ですが、得意そうなノーマンとレイの会話が印象に残りました。

エマだから、みんな信じてついて来てくれるんだ。無茶で、無謀で、でもまっすぐで、迷わず全員と言えちゃうエマだから・・・。諦めなくてもいいんだよ、レイ

ノーマン・・・(泣)。

無茶で、無謀なエマですが、絶対に「家族」を見捨てない。そんな彼女だからこそ、ノーマンも力を合わせて不可能を可能に変えたのです。

『約束のネバーランド』みどころ・おすすめポイント

約束のネバーランド
©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会
みどころ・ポイント
  • 子どもたちの脱獄計画
  • 裏表のあるイザベラ

アニメ『約束のネバーランド』みどころは、子どもたちの脱獄計画と裏表のあるイザベラです。

ハウスの秘密が明らかになり、脱獄を計画するエマやノーマン、レイと、それを阻止しようとするママのイザベラ。・・・何度も背筋がヒヤリとしました。

ほのか。
ほのか。
ドキドキの衝撃展開で、面白いよ。
おすすめの人
  • ダークファンタジー好き
  • 原作漫画のファン

ほっこりするシーンもありますが、ダークファンタジーです。ドキドキしたい人におすすめ。

漫画『約束のネバーランド』

ぱんだ。
ぱんだ。
第1期は、原作漫画5巻のはじめまで描かれているよ。全20巻完結。

アニメにハマって原作漫画も読み始めました。アニメ第2期は5巻の中盤からの内容ですね。原作も面白いので、合わせておすすめです。

見始めたら止まらない名作アニメ
見始めたら止まらない【名作アニメ】超絶面白いおすすめファンタジー・SFを厳選見始めたら止まらない名作アニメを厳選しました。ファンタジーとSFが多めです。面白さは抜群の神アニメ。...
一気にみたくなるほどハマった神アニメ
一気に見たくなるほどハマった神アニメ|2020年に視聴した感動作まとめ2020年に見て面白かったアニメを紹介。一気に見たくなるほどハマった神アニメです。田中芳樹さん原作作品、SF、バトル&冒険もの、劇場版アニメをピックアップしました。...
1クール完結アニメ
1クール完結アニメおすすめ|休日、一気に見れる面白い名作アニメを厳選休日に一気に見れる1クールアニメをピックアップしました。面白かったほのぼのアニメ、シュールなSF、本格SF&バトルファンタジー、感動!学園アニメを紹介しています。...
こちらは見た?