ダーク・ミステリー

『メイドインアビス』13話 あらすじ・ネタバレ感想|ナナチの願いに号泣

メイドインアビス13話 「挑む者たち」

『メイドインアビス』エピソード13 「挑む者たち」。この1話は何度見ても泣いてしまいます。もう号泣です。そして1番好きな1話。

ほのか。
ほのか。
ナナチの願いが切ない。

ナナチの過去の回想に泣き、ミーティの最後に泣き・・・。ナナチとミーティが上昇負荷にかかっているシーンから目が離せませんでした。

この記事では

アニメ『メイドインアビス』13話 「挑む者たち」 の評価とあらすじ、見どころの解説、感想 (ネタバレあり) を書いています。

『メイドインアビス』13話 「挑む者たち」 評価・あらすじ

ナナチの切ない願い

© 2017 つくしあきひと・竹書房/メイドインアビス製作委員会
あらすじ

レグの火葬砲を見て、「ミーティを殺してくれ」 とお願いしたナナチ。子どもの頃、ナナチは 「アビス」 に行きたいと願っていた。そんなある日、「アビス」 の探掘家・ボンドルドがやってきて、子どもたちの前で演説をはじめた。彼は アビスの謎を解くために希望者を募っていたのだった。

作品情報

  • 著者 : つくしあきひと (コミック)
  • 放送期間 : 2017年
  • 時間 : 47分
  • 話数 : 13話
  • 評価 :

登場人物

  • リコ・・・主人公。好奇心旺盛の女の子
  • レグ・・・アビスで見つかった人間そっくりのロボット
  • ナナチ・・・アビスに住んでいる不思議な生き物
  • ミーティ・・・ナナチの相棒。6層の上昇負荷により、なれ果てになる
  • ボンドルド・・・白笛。非情な実験を繰り返す

『メイドインアビス』13話 「挑む者たち」 ネタバレ感想

メイドインアビス
© 2017 つくしあきひと・竹書房/メイドインアビス製作委員会

『メイドインアビス』1~13 話の中で1番衝撃な、1番悲しいお話は13話 「挑む者たち」 でした。

ほのか。
ほのか。
悲しいけど、この1話があったから『メイドインアビス』がもっと好きになった。

号泣シーンに弱い私です。次から次へと涙があふれてきて止まりませんでした。

ミーティ・・・。

人間性を失ってまでも生き続けなければいけないミーティに言葉を失います。ミーティのことを思って、ナナチはレグに頼む。そこまでの道のりは、凄まじかったのではないかと容易に想像がつきました。

「アビス」 って何なんだろう。呪いがあるとわかっていても惹きつけられてしまう。「アビス」 の呪いは残酷だけど、それでも未知への憧れはとまらないんですね。

ナナチの願い

ナナチ
© 2017 つくしあきひと・竹書房/メイドインアビス製作委員会

ナナチはレグに言います。

ミーティを殺してくれ

レグの火葬砲でミーティを葬ってほしいと。絶句するレグ。私も絶句しました。

ほのか。
ほのか。
ナナチには切実な思いがあったんです。

自分がどうにかなったときに、ミーティは永遠にひとりぼっちになってしまう。

ミーティを案じてのことでした。今は穏やかに暮らしているミーティですが、ナナチがいつまでも一緒とは限らない。

ぱんだ。
ぱんだ。
また ボンドルドみたいな非情な人間に見つかったら、何されるかわからないしね。

この後に描かれているナナチの回想シーンを見ると、ナナチの願いも納得ができる。上昇負荷の呪いで変わり果てた人間のなれ果てがミーティだったのです。

上昇負荷の呪いを押し付けられたミーティ|ナナチの回想

ナナチとミーティ
© 2017 つくしあきひと・竹書房/メイドインアビス製作委員会

ナナチの回想シーンから目が離せませんでした。あの6層の呪いのところです。

ナナチとミーティは一緒に落とされました。呪いを片方に押しつけることができる昇降機で上がるときに、上昇負荷の呪いをミーティが受けることになる。

6層の上昇負荷。それは死か、人間性を失うか。

  • ナナチは、うさぎのような今の姿に。
  • ミーティは、人間性の喪失。人間の姿を保てず、なれ果てに・・・。

もう一つ最悪なことに、ミーティは死ねなくなりました。どんなことをしても。何回もミーティを傷つけるボンドルドの元からナナチはミーティを背負って逃げ出します。

ぱんだ。
ぱんだ。
ボンドルド、非情すぎる・・・。

それからナナチは探し続けることになります。ミーティを苦しませずに殺す方法を。

6層の上昇負荷のときのミーティが頭から離れませんでした。「殺して」 と叫びながら、なれ果てに変わりゆくミーティ。

ほのか。
ほのか。
残酷。なれ果ての姿で人間性を失う。それならば、いっそ死んでしまった方がマシかもしれない。

ミーティの人間だった姿も描かれているから、よけいに悲しくなりました。目だけは人間だったころの面影が残っているんですよね。

ミーティの最後

レグが火葬砲をうつ
© 2017 つくしあきひと・竹書房/メイドインアビス製作委員会

レグがナナチの思いを尊重して火葬砲を放つところも号泣です。最後にあふれたナナチの言葉に胸が苦しくなりました。

ミーティ、ミーティごめんよ。おいらが間違ってた。ごめん。ほんとごめんよ。ずっと、ずっと一緒だからな

ミーティの目が切ない。火葬砲を放ったあとの泣き崩れたナナチの姿も切なすぎました。やっとのことで思いを遂げられたのに、後に残るのは苦味です。

ぱんだ。
ぱんだ。
ボンドルド、許せん!

『メイドインアビス』13話 「挑む者たち」 みどころ・おすすめポイント

© 2017 つくしあきひと・竹書房/メイドインアビス製作委員会
みどころ・ポイント
  • ナナチの願い
  • ナナチの過去の回想
  • ミーティの最後

エピソード13 「挑む者たち」 のみどころは、ナナチとミーティです。過去の回想シーン、ちょっとグロいけど悲しい上昇負荷 「アビス」 の呪い、白笛・ボンドルドの非情さ・・・。

ほのか。
ほのか。
号泣まちがいなし!

『メイドインアビス』1~13話の中では1番切なくて悲しい1話です。我慢しなくていいです、思いっきり泣いてください。

こんな人におすすめ
  • ファンタジー好き
  • 未知に憧れる
  • ナナチの過去が知りたい

探掘家たちをひきつけて止まない 「アビス」。深層までいくと上昇負荷の呪いのため、地上に戻れなくなるのに憧れはとまらないんです。

未知への憧れが強い人、ファンタジーが好きな人にはおすすめのアニメ。探掘家たちの気持ちがわかります。

エピソード13はナナチの過去が明かされ、ナナチが好きになること間違いなし。

続きは劇場版『深き魂の黎明』|ボンドルドとの対決!

ハンカチ必須。泣きどころは上昇負荷の呪いのシーンと、レグが火葬砲を放つところです。大いに泣いて頂ければと。

ぱんだ。
ぱんだ。
この後はいよいよボンドルドとの対決なんだね。

アニメ『メイドインアビス』1期は13話まで。この続きは劇場版『深き魂の黎明』でボンドルドとの対決が描かれています。

『深き魂の黎明』

©つくしあきひと・竹書房/メイドインアビス「深き魂の黎明」製作委員会
劇場版『メイドインアビス 深き魂の黎明』
『メイドインアビス 深き魂の黎明』劇場版ネタバレ感想|カートリッジが度し難い!ボンドルドとプルシュカのラスト劇場版アニメ『メイドインアビス 深き魂の黎明』評価とあらすじ、ネタバレ感想・解説を書いています。ボンドルドが行ったカートリッジが度し難く、プルシュカのラストが切なかったです。...

そして、2期も決定しているとか。・・・待ちきれず、つくしあきひとさんの原作コミックを読みましたが、今後も号泣シーンがありそうな予感。楽しみです。

原作コミック

メイドインアビス
『メイドインアビス』ネタバレ感想・アニメのあらすじ・みどころ|アビスの魅力アニメ『メイドインアビス』評価とあらすじ、見どころの解説、感想 (ネタバレあり) を書いています。リコ、レグ、ナナチ、オーゼン。魅力的な登場人物たちでした。...
メイドインアビス 不動卿・動かざるオーゼン
不動卿・動かざるオーゼン『メイドインアビス』アニメあらすじ・みどころ、ネタバレ感想|#6~8話アニメ『メイドインアビス』不動卿・オーゼンにスポットを当てたエピソード6~8話の評価とあらすじ、見どころの解説、感想 (ネタバレあり) を書いています。...
こちらは見た?
劇場版『メイドインアビス 深き魂の黎明』 ダーク・ミステリー

『メイドインアビス 深き魂の黎明』劇場版ネタバレ感想|カートリッジが度し難い!ボンドルドとプルシュカのラスト

2020年1月17日
アニメの缶づめ
劇場版『メイドインアビス 深き魂の黎明』を見ました。めちゃめちゃ面白くて度し難い (救いがたい)。黎明卿・ボンドルドがやったこと (カート …