ほのぼの

『メイドインアビス 深き魂の黎明』劇場版ネタバレ感想|カートリッジが度し難い!ボンドルドとプルシュカのラスト

劇場版『メイドインアビス 深き魂の黎明』

劇場版『メイドインアビス 深き魂の黎明』を見ました。めちゃめちゃ面白くて、度し難い (救いがたい)、黎明卿・ボンドルドがやったこと (カートリッジ) が・・・。

ほのか。
ほのか。
これを見るの、覚悟がいる。そして、泣いた。

劇場版の映画を見る前に、原作『メイドインアビス』コミックを読んでいました。物語の展開は知っていたけど、衝撃ですね。

原作コミックでは 4巻と5巻の内容

原作からして度し難いので、これがこのままアニメ映画になるのかと覚悟がいりました。ネタバレあります。ご注意ください。

この記事では

劇場版アニメ『メイドインアビス 深き魂の黎明』評価とあらすじ、見どころの解説、感想 (ネタバレあり) を書いています。

劇場版『メイドインアビス 深き魂の黎明』評価・あらすじ

プルシュカの切ないラストに泣ける!


©つくしあきひと・竹書房/メイドインアビス「深き魂の黎明」製作委員会
ストーリー
作画
キャラ
かんどう
おすすめ

あらすじ

隅々まで探索されつくした世界に、唯一残された秘境の大穴 「アビス」。そこには奇妙な生物が生息し、貴重な遺物が眠っていた。アビスの縁に築かれた街・オースに暮らすリコは母を探すため、「アビス」 で見つけたロボット・レグとともに 「アビス」 に潜る。やがて、ナナチも仲間に加わり、ボンドルドの待つ深界5層へと冒険を進める。そこで、プルシュカと名乗る女の子に出会い・・・。

作品情報

  • 著者 : つくしあきひと (コミック)
  • 放送期間 : 2020年1月17日 劇場公開
  • 時間 : 105分

登場人物

  • リコ・・・探掘家の好奇心旺盛な少女。母・ライザを探しにアビスの底を目指す
  • レグ・・・アビスで見つけられたロボット。リコと一緒にアビスの底を目指す
  • ナナチ・・・アビスで暮らしていた人間のなれ果て。リコとレグと出会い、共に冒険の旅に出る
  • ボンドルド・・・深界5層に住む白笛。黎明卿の名を持つ
  • プルシュカ・・・ボンドルドの愛娘。1度も地上に出たことがない

劇場版『メイドインアビス 深き魂の黎明』ネタバレ感想

可愛いキャラなのにストーリーは度し難い (救いがたい)。この救いがたさが『メイドインアビス』の魅力でもあります。


©つくしあきひと・竹書房/メイドインアビス「深き魂の黎明」製作委員会

劇場版『メイドインアビス 深き魂の黎明』で描かれているのは 深界5層 「なきがらの海」。

深界5層では

  • 「アビス」 の呪い (深界5層の上昇負荷は、全感覚の喪失・意識混濁・自傷行為)
  • 深界に行けば行くほど、理不尽としか言いようがない現生物 (深界5層では クオンガタリなど)

さらに度し難さが増していました。白笛の黎明卿・ボンドルド。・・・彼が途方もなく度し難い。

黎明卿・ボンドルドが度し難い!

劇場版『メイドインアビス 深き魂の黎明』で リコとレグ、ナナチは深界5層 「なきがらの海」 に到達。そこには 白笛の黎明卿・ボンドルドがいる 「前線基地 (イドフロント)」 がありました。

ボンドルドは ナナチとミーティの因縁の人物です。アビスの呪い (上昇負荷) を子どもを使って実験。ナナチを今の姿、なれ果てにして、ミーティの人間性を奪った張本人。ナナチとミーティのカタキです。

メイドインアビス13話 「挑む者たち」
『メイドインアビス』13話 あらすじ・ネタバレ感想|ナナチの願いに号泣アニメ『メイドインアビス』13話 「挑む者たち」 の評価とあらすじ、見どころの解説、感想 (ネタバレあり) を書いています。...

©つくしあきひと・竹書房/メイドインアビス「深き魂の黎明」製作委員会
ほのか。
ほのか。
「素晴らしい」 が口癖のボンドルドが不気味だった。口調は優しくて穏やかなのに、どこかズレているというか。

ボンドルドが持つ白笛は、ボンドルド自身・・・というのには身震いしました。

白笛というのは人間の命から作られたものです。ボンドルドは自らの体を白笛にして、特級遺物 「精神隷属機 (ゾアホリック)」 を使い、自分の意識を別の人間に上書きした複製だった。

ぱんだ。
ぱんだ。
狂ってる。だから倒しても倒しても、他にコピーして復活するんだ。

もはや 人間ならぬボンドルド。彼が怖かったです。「アビス」 という未知の世界は恐ろしいですね。それに魅せられてボンドルドみたいのが出てくる。

プルシュカとの出会い|冒険への憧れ

劇場版『メイドインアビス 深き魂の黎明』で新たな、でも切ない出会いがありました。ボンドルドの愛娘・プルシュカです。


©つくしあきひと・竹書房/メイドインアビス「深き魂の黎明」製作委員会
ぱんだ。
ぱんだ。
ボンドルドに娘がいたの? ・・・意外。

ボンドルドとの血の繋がりは薄いプルシュカ。1度も地上に出たことがなくて、冒険への憧れを持った女の子です。

プルシュカが可愛かった。原作でも可愛かったですが、これがアニメになるともっと可愛くて (そして、切ない)。

あたし、一緒に冒険に行きたいんだ!

冒険に行きたいと、夜明けを見たいと願うプルシュカは、リコに負けず劣らず好奇心旺盛。

『メイドインアビス』を見ていると 度々目にするのが 「憧れ」。未知の世界への憧れです。

その気持ちがキラキラしていて、眩しくて。私も 「アビス」 に魅了されている1人なんです。だからリコやプルシュカの気持ちが理解できる。・・・これも『メイドインアビス』の魅力ですね。

プルシュカがボンドルドのことを 「パパ」 と呼ぶたびに、ストーリーを知っている私は切なくなりました。その 「パパ」 には、ボンドルドを信じて慕うプルシュカの愛を感じたからです。

癒されたシーン

全体的に度し難くて切ない『メイドインアビス 深き魂の黎明』ですが、癒されたシーンもありました。

リコたちが 「前線基地 (イドフロント)」 に着いてそこで3人まとまって休むシーンがあるのですが、そのシーンが可愛くて。

リコとレグとナナチが くっついて丸まって休むシーンに癒されました。

ほのか。
ほのか。
この絵柄だけ見ると ほのぼのするのになぁ。

ボンドルドとの対決|レグがヌルヌルに!?


©つくしあきひと・竹書房/メイドインアビス「深き魂の黎明」製作委員会

れ、レグがぁ・・・。

ボンドルドとの最後の対決のとき、電気を帯びた後のレグが凄まじかったです。原作漫画を読んだとき、このシーンどんな感じになるのかと ちょっと楽しみだったんですよね。

レグが一瞬、オーゼンに見えた・・・。こんな感じのオーゼンです。


© 2017 つくしあきひと・竹書房/メイドインアビス製作委員会
メイドインアビス 不動卿・動かざるオーゼン
不動卿・動かざるオーゼン『メイドインアビス』アニメあらすじ・みどころ、ネタバレ感想|#6~8話アニメ『メイドインアビス』不動卿・オーゼンにスポットを当てたエピソード6~8話の評価とあらすじ、見どころの解説、感想 (ネタバレあり) を書いています。...
ぱんだ。
ぱんだ。
フォ!?

我を失ったレグがヌルヌルと素早くて、凄まじく強かった。ここから最後までのボンドルドとの戦いがすごくて、これもみどころです。

戦いの結末がわかっていても、目が離せませんでした。レグ、すごい。これが 「奈落の至宝 (オーバード)」 の力なのか。ボンドルドと互角の戦いです。

ほのか。
ほのか。
ボンドルドも強すぎ。

切なすぎたプルシュカのラスト|カートリッジについて

ラストもまた度し難い、・・・いや、度し難すぎました。救われないと思ったのは、ボンドルドがプルシュカに行ったこと、「カートリッジ」 です。

「カートリッジ」 とは

ボンドルドが発明した、人間の子どもの脳と脊髄と臓器を生きたまま箱詰めしたもの。

「カートリッジ」 に詰められた子どもが上昇負荷の呪いを肩代わりすることで、ボンドルドは呪いを受けなくなるという・・・。

!!!! (このシーン、言葉を失いました。)

レグと戦うときに、愛娘・プルシュカを 「カートリッジ」 に詰めて、アビスの呪いを肩代わりさせていたボンドルド。

人道非道な行いに リコとレグ、ナナチは絶句します。レグが火葬砲を放ったときの表情が忘れられない。リコが堪らず大泣きしたシーンに、私も放心しました。


©つくしあきひと・竹書房/メイドインアビス「深き魂の黎明」製作委員会

そして、最後にプルシュカはリコに命を預け、白笛に・・・。

ほのか。
ほのか。
これだけが救いかな。悲しくて切ないけど、プルシュカは白笛になって、リコと一緒に冒険へ旅立つのだから。

劇場版『メイドインアビス 深き魂の黎明』度し難いけど最高だった

劇場版『メイドインアビス 深き魂の黎明』、原作通りに度し難いけど、最高に面白かった。見るには覚悟が必要です。

ぱんだ。
ぱんだ。
R指定なのがわかる。

思いっきりネタバレのレビュー記事ですが、内容を知らないまま見た方が衝撃は凄まじいかもしれません。・・・知ってても衝撃だったので。

自分の白笛を得たリコは、深界6層 「還らずの都」 へ。

深界6層の上昇負荷は、人間性の喪失もしくは死です。帰還は出来ないと言われているため、 「絶界行 (ラストダイブ)」 になります。

映画はここまで。深界6層に降りていくところで終わりです。原作コミックは まだ続いていますが、今後の展開も楽しみでなりません。

劇場版『メイドインアビス 深き魂の黎明』みどころ・おすすめポイント

メイドインアビス
©つくしあきひと・竹書房/メイドインアビス「深き魂の黎明」製作委員会
みどころ・ポイント
  • 度し難いストーリー
  • プルシュカとの出会い
  • ボンドルドとの対決

みどころは 未知の世界 「アビス」 で繰り広げられる冒険。『メイドインアビス 深き魂の黎明』では、度し難い (救いがたい) ストーリーが際立っていました。

ナナチの宿敵・ボンドルド。

彼との戦いが凄まじかったです。レグがヌルヌル (?) になったところと、プルシュカの最後が衝撃。

ほのか。
ほのか。
原作を読んでいても、放心しちゃった。
こんな人におすすめ
  • 『メイドインアビス』が好き
  • 原作ファン
  • ファンタジー (冒険もの) と 「アビス」 の謎に憧れが止まらない

『メイドインアビス』ファンは見ましょう。絶対見ましょう。見るなと言われても見ましょう。覚悟がいるけど、最高に面白かったです。

『メイドインアビス』知らない人は、まず原作コミックかアニメ (シーズン1)、もしくはアニメ (シーズン1) の総集編の過去劇場版2作 (前・後編) を見ましょう。面白いから絶対見て。

ぱんだ。
ぱんだ。
面白すぎる。一瞬で 「アビス」 に憧れるよ。
メイドインアビス
『メイドインアビス』ネタバレ感想・アニメのあらすじ・みどころ|アビスの魅力アニメ『メイドインアビス』評価とあらすじ、見どころの解説、感想 (ネタバレあり) を書いています。リコ、レグ、ナナチ、オーゼン。魅力的な登場人物たちでした。...

『メイドインアビス』続編決定!!

『メイドインアビス』続編が決定したようです。やったぁ!


©つくしあきひと・竹書房/メイドインアビス「深き魂の黎明」製作委員会
©2017 つくしあきひと・竹書房/メイドインアビス製作委員会
ほのか。
ほのか。
続きをコミックで再読しよう。コミックでは6巻から映画の続き、深界6層が描かれているよ。
メイドインアビス
『メイドインアビス』ネタバレ感想・アニメのあらすじ・みどころ|アビスの魅力アニメ『メイドインアビス』評価とあらすじ、見どころの解説、感想 (ネタバレあり) を書いています。リコ、レグ、ナナチ、オーゼン。魅力的な登場人物たちでした。...
メイドインアビス 不動卿・動かざるオーゼン
不動卿・動かざるオーゼン『メイドインアビス』アニメあらすじ・みどころ、ネタバレ感想|#6~8話アニメ『メイドインアビス』不動卿・オーゼンにスポットを当てたエピソード6~8話の評価とあらすじ、見どころの解説、感想 (ネタバレあり) を書いています。...
メイドインアビス13話 「挑む者たち」
『メイドインアビス』13話 あらすじ・ネタバレ感想|ナナチの願いに号泣アニメ『メイドインアビス』13話 「挑む者たち」 の評価とあらすじ、見どころの解説、感想 (ネタバレあり) を書いています。...
ABOUT ME
ほのか。
アニメと小説とコーヒーをこよなく愛しています。休日はゆるりとアニメづけ。